アフターピル通販|避妊ピル通販

レビトラ正規品がどこよりも安く今スグ買える! ボタンを押した後、認証画面が表示されます。
「詳細を見る」から購入ページに進んでください。

EDクリニック処方の参考価格
レビトラ(20mg)1錠あたり 2,000円~

ご利用可能なお支払い方法
銀行振込・各種クレジットカード

アフターピル通販・避妊ピル通販でスグに買えます。

スクリーンショット 2016-02-06 15.06.19 「急に必要になった・・・」「すぐ飲まないとまずい・・・」 避妊に失敗にしたときに飲むピルは急いでいるケースがほとんどです。 そんな時も使える【すぐに届くアフターピル通販】をご紹介します。

まとめて買うとこんなにお得!!

アフターピルまとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

ピル通販で買うにはこんなにメリットがある!

通販なら診察費用がかからないのでとってもリーズナブル。忙しいアナタでも、会社帰りや昼間の空き時間で簡単にオーダーできます。
①診察費用をお得に節約できる
②病院に行くて手間が掛からない
③必要な時にスマホで簡単に注文できる

なぜ世界中でピルが推奨されているのか

ピルは世界中で推奨されている女性をサポートする薬です。日本ではピルの副作用などが間違って伝わっていますが、欧米などではとても安全なお薬として、日本よりも身近な存在です。ピルを服用するメリットとはどこにあるのでしょうか。

ピルは安全で身体へのダメージは無い

よく勘違いされているのはピルを飲むと副作用があるということです。しかし近年明らかになっているのはピルは、生理からくる女性の苦しみを和らげる薬としてメリットしかないという点です。もちろん安全なのでピルを安心してお使いいただけます。
ピルは身体に優しいお薬です。

99.9%の避妊効果があるので安心

低用量ピルを正しく使用すれば、99.9%の確実な避妊効果があります!
やっぱり安心できる避妊方法はピルですね。

働く女性も生理も優しくサポート

生理で仕事に支障がある・・・そんな女性も多くいます。最近では女性でも社会で活躍する機会が増え生理との向き合い方にも変化が見え始めています。生理のイライラやブルーな気分ともサヨナラ。辛い生理痛なども抑えられるからココロもカラダもリラックスできます。
生理不順やイライラも解消できる!

一番売れている人気のアフターピルはコレ!

スクリーンショット 2016-02-06 23.43.40 生理のイライラやブルーな気分ともサヨナラ。ココロもカラダもリラックスできます。
生理不順やイライラも解消できる!

お得なピルのまとめ買いアフターピルはコレ!

スクリーンショット 2016-02-07 01.00.09 低用量ピルとアフターピルのセットが割引価格で購入できます。まとめ買いの割引率が高いので、1年分の購入がとってもお買い得です。

毎日飲むタイプの低用量ピル

スクリーンショット 2016-02-06 23.43.40 クリニックでの処方実績が多いトリキュラーが1番人気。第3世代のノベロン、第4世代のヤーズは男性ホルモン作用の弱い低用量ピルです。

緊急避妊用のアフターピル

スクリーンショット 2016-02-07 01.03.22 人気のアイピルはノルレボのジェネリック薬。妊娠を回避する効果が高い、1回の服用で済む、副作用が少ない最新のアフターピルです。

ピルの「知りたい」を解決するガイド

「ピル」とは女性が飲む避妊薬(経口避妊薬)のことです。ピルの歴史は古く、1960年にアメリカで初めて承認されてから世界中に広がり、いまでは1億人以上の女性が利用していると言われています。 ピルは女性の卵巣から分泌される2種類の女性ホルモン、黄体ホルモンのプロゲステロン、卵胞ホルモンのエストロゲンを化学的に合成して作られています。含有されるホルモンの量によって、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルに分けられます。

アフターピルってどんな薬?

性行為セックスの最中にコンドームが破れてしまった、パートナーが避妊するのを忘れた、安全日だと思ったのに勘違いしたなど、望まない妊娠という事態を迎えてしまった場合には、アフターピル(緊急避妊)があります。 1970年代から多く用いられていたのはヤッペ法という方法です。エチニルエストラジオール100μgと、レボノルゲストレル50μgを含むピルを、セックスから72時間以内に服用します。12時間後にも再び服用する方法です。排卵前であれば排卵の抑制、排卵後であれば黄体期の短縮や着床の阻害により妊娠を防ぐことができます。 2011年からはレボノルゲストレルという緊急避妊専用の薬を使うLNG法が新しく承認されました。ヤッペ法よりも高い確率で避妊に成功する、吐き気などの副作用が少ない、などの理由から、最近ではLNG法をすすめる病院も増えてきました。

避妊ピルってどんな薬?

1960年に世界で初めて登場したピルは、錠剤に含まれるホルモン量が多く、血栓症や高血圧症などの副作用があらわれる確率が高い薬でした。できるだけ副作用を少なくするために、長い年月をかけて世界各国で研究が進められた結果、最小限のホルモン量で最大限の避妊効果が発揮できる「低用量ピル」が開発されました。低用量ピルは、錠剤に含まれるエストロゲンの量が50μg(マイクログラム)未満のものを指します。 低用量ピルの基本的な飲み方は、21日間は連続して女性ホルモンが含まれた実薬を飲み、その後7日間はピルを飲むのを休む(休薬)か、女性ホルモンが含まれていないプラセボ(偽薬)を飲みます。21日飲んで7日休む、合計28日間のサイクルを「一周期」とします。休薬中かプラセボを飲んでいる2~3日目から、生理に似た出血(消退出血)が起こります。

低容量ピルってどんな薬?

ちなみにピルは、英語の「O邑Oo耳ぶり石膏沃(経 口避妊薬匸の頭文字をとって、よく「OC」と呼 ばれますが、日本では一般的に「低用量ピル」のこ と。混乱を避けるため、この本ではフヒル」「OC」 といえば「低用量ピル」をさすことにしましょう。 世界で初めてピルが登場しか1960年代には、含有しているホルモン量が多く、血栓症などの副作用が現れる確率が高いことが問題でした。有効成分の配分量や 服用方法によって分類 そこで、長い年月をかけて、できるだけ副作用を少なくするための研究が進められた結果、ホルモン の量は減少。最小限のホルモン量で最大限の避妊効果を発揮できるピルが開発されました。

アフターピルはどこで購入したらよいのですか?

アフターピルはドラッグストアやamazon、楽天などでは買えない薬です。購入するには医師の処方箋が必要になります。また、避妊行為は病気治療ではないので、健康保険は適用されず、診察も薬代もすべて自己負担での購入になります。。 みなさんがよく気にされるのが、初診でどういう診察があるかです。内診台に上がって服を脱いだりするのはちょっと戸惑いますよね。病院によってまちまちですが、2006年にアフターピルの診察ガイドラインが改訂され、必ずしなければいけない検査は血圧測定だけになりました。 改訂前は多くの検査項目があって面倒でしたが、今ではだいぶ簡単になりました。しかし「欧米ではドラッグストアでも販売している安全な薬なのになぜ?」という声が強く、日本でももっと簡単にアフターピルを購入できればいいなと思います。 アフターピルはインターネットを通じての個人輸入でも入手できます。この方法だと病院では処方されないジェネリック医薬品を購入することもできるのでコストも安くなり、病院に行かなくてもすぐに購入できます。 アフターピル通販の個人輸入サイトはこちらから>>

おすすめのアフターピル通販

低用量ピルやアフターピルは、病院で処方してもらう以外にも通販で購入できます。いま使っているスマートフォンやパソコンから、トリキュラーやマーベロンが簡単に購入できるのです。 ピルはAmazonや楽天では購入できません。薬局やドラッグストアなどの販売店でもピルの取り扱いはありません。ピルの個人輸入を代行してくれる通販サイトからのみ、低用量ピルやアフターピルの通販が可能です。 当サイトで紹介するあんしん通販薬局なら、購入手続きの後、商品が即日発送されます。ユーザーの口コミでも「届くのが早い」と評判の良い個人輸入代行サイトです。スタッフも実際に購入してみた経験から、自信を持っておすすめしたい通販サイトです。

アフターピルについてのよくある誤解や偏見

公開日:
最終更新日:2017/02/18